株式会社 三東工業社
ホーム
お問い合わせ
  • 会社情報
  • 株主・投資家情報
  • 技術情報
  • 実績紹介
  • CSRの取組み
  • 採用情報
1.撮影計画

飛行ルートを地図上で計画します。ドローンのフライトコントロールに対応した専用のソフトウエアを用い、撮影高度、写真撮影間隔、写真ラップ等を考慮しルートを設定します

   
 
2.標定点等設置

作成される3次元モデルへ位置情報を付加するため、現地に地表基準点を設置します。トータルステーション(TS)やGNSS測量機をと用い、基準点測量を実施して座標(X, Y,Z)を観測します。標定点は複数の写真に写し込めるよう配置します。

   
         
3.飛行・撮影

事前に設定したルートに従い自動飛行で写真撮影を行います。

 
4.解析

撮影に使用したカメラを撮影時の設定で、カメラキャリブレーション(カメラ標定)を行い、レンズ歪みの補正値を測定します。その後、各写真に写っている標定点の場所と座標値 の設定を行います。

 
5.モデリング

専用の画像ソフトウエアにて解析を行い、ポイントクラウド、3次元モデル、オルソ画像を作成します。

 
  • i-ConstructionTOP
  • ドローンによる測量
  • 設計・施工計画
  • ICT建機による施工
  • 効率的・効果的検査
  • 各種イベント
  • ドローン空撮作品集・写真
  • ドローン空撮作品集・動画
  • ICT関連各種資料集