三東ロゴ
ホーム お問い合わせ サイトマップ

WWW を検索 SANTO内を検索
5 4 3 1
会社情報   事業内容   IR情報   技術   現場作品集   SANTOニュース
2
 
5
TRD工法
6
JST工法
4
管推進工法
1
SPR工法
6
6
6
 
 
fam
調整    
   
工法の概要
調整 調整
 
シールドマシン 調整
 シールド工法とは、地盤中にトンネルを構築する工法で、「シールド」と呼ばれるトンネル掘削機を地中に掘進させ、土砂の崩壊を防ぎながらその内部で安全に掘削作業、覆工作業を行いトンネルを築造していく工法です。
φ1350mm以上の管径で長距離を施工(500m~1500m)するときに有利である。
但し設備も大きく、マシンはその都度製作する必要があります。セグメントを建込み、内に型枠を組み、コンクリートを打設して内面仕上げをします。
下水道管を埋める深さは地下約5m以上、大きさは外径で約2m以上になります。
1kmのトンネルを造るための工事には、およそ3年かかります。
①シールドはセグメントを反力にしてジャッキで前に進みます。
②シールドが前に進んだ後で、セグメントを新たに組み立てます。
この1と2の作業を交互に行いながらトンネルを造っていきます。
シールドマシン  
調整
 
1
泥土に変換します。
 
カッタで切削した土砂に作泥土材を注入し、それを練り混ぜ翼で強力に練り混ぜて、塑性流動性と不透水性を持つ泥土に変換します。
調整
1
泥土により切羽の安定を図ります。
 
泥土を作泥土室とスクリューコンベア内に充満させ、シールドジャッキの推力により泥土圧を発生させ、この圧力で地下水圧と土圧に対抗し切羽の安定を図ります。
調整
1
泥土圧により掘進管理します。
 
隔壁に取り付けた土圧計により泥土圧を常時測定し、圧力が「泥土圧=土圧(静止土圧)+水圧」となるように掘進速度とスクリューコンベアの回転速度を制御することにより、掘進を管理します。
調整
区切線
  このページのトップへ
工法の特徴
調整
 
1
広範囲の土質に適応性があります。
 
 砂層、砂礫層、シルト粘土層、シラス層およびこれらの互層に対しても作泥土材を用いることにより、塑性流動性と不透水性を有する泥土に変換できるので多種多様な土質に広く適用できます。
 
1
沈下を最小限に抑えられます。
 
 切羽は泥土によって保持するため地山の変化はほとんどなく、地表面の沈下を最小限に抑えることができます。
 
1
同時裏込注入が可能です。
 シールド外周部および作泥土室内は泥土で止水されているため裏込注入材の切羽への回り込みがなく、確実な同時裏込注入が可能です
 
1
大深度・高水圧下にも適応できます。
 最大水圧7kgf/cm2を作用させた掘進実験により、高水圧下での掘進性能を確認しており、深度50m以上の大深度地下にも適応できます。
   
区切線
    このページのトップへ

モニュメント      
     
サイトマップ 個人情報保護方針 サイトのご利用について