三東ロゴ
ホーム お問い合わせ サイトマップ

WWW を検索 SANTO内を検索
5 4 3 1
会社情報   事業内容   IR情報   技術   現場作品集   SANTOニュース
2
 
5
TRD工法
6
JST工法
4
FAM工法
2
コラム21工法
3
管推進工法
1
SPR工法
6
法面緑化工法
6
住宅地盤改良工法
6
住宅矯正工法
 
 
fam
調整 調整  
   
工法概要
   
調整C21
調整
工法概要    
阪神大震災を契機に地盤改良が大いに注目されています。
本工法は従来工法に比べ、大断面施工を可能とした2軸形機械攪拌式深層混合処理工法です。
作業能率が向上し、工期の短縮が可能となりました。また装置は従来工法に比べ硬質土にも対応が可能であり、オートジョインと、ロッドチェンジャーを装備し安全性にも優れています。
また独自の攪拌翼形状と施工管理システムにより混合攪拌時のコラムの均一な品質が得られます。

ドーナツオーガーに接続された2重の正逆回転軸に特殊な攪拌翼を設け、攪拌効果を上げた工法で、大口径コラム(2軸径1.5m)が造成できる工法として注目されています。
調整
FAM 調整 C21  
調整
調整C21攪拌翼
 
調整 調整
 
攪拌翼は、上部攪拌翼と下部攪拌翼の2段により構成され、上部・下部の攪拌翼は互いに逆回転する構造で、
各々の水平翼がすれ違うことによってせん断攪拌され、セメントスラリーと確実に混合攪拌が行われます。
調整      
攪拌翼 調整 攪拌翼 調整
   
1.ヘッド本体
5.上部内側攪拌翼
2.攪拌翼
6.下部内側攪拌翼
3.上部外側攪拌翼
7.第一吐出口
4.下部外側攪拌翼
8.第二吐出口
 
コラム21攪拌翼
   
 
このページのトップへ
施工事例
 
調整  
バー  
C21特徴 C21  
バー
C21
ベースマシンのリーダーが低く、減速装置をリーダー下部に配置することにより低重心で安定性に優れています。
調整
バー
 
C21
ロッドは、上部下部の減速機で二点支持されかつ剛性が高いため鉛直性に優れている。
 
バー
 
C21
リーダー部に継足しロッドが収納可能であり、ロッド2組(8m)を標準装備。ロッド上部の接続には、オートジョイントを採用することで安全性が向上しています。
 
バー
 
C21
強力な掘削トルクにより中間に硬質土層を挟んでいても掘削可能。
 
バー
 
C21
コンピューター管理システムにより施工状況をリアルタイムに把握でき、信頼性の高い施工が行えます。
 
バー  
  調整  
このページのトップへ

モニュメント      
     
サイトマップ 個人情報保護方針 サイトのご利用について